センバツ高校野球の21世紀枠に“不要論” 出場校は3年間で全チーム初戦敗退

センバツ高校野球の21世紀枠に“不要論” 出場校は3年間で全チーム初戦敗退

記事まとめ

  • 春の選抜は夏の甲子園と違って、“21世紀枠”で出場するチームの存在が特徴の一つ
  • 実力重視で選ばれる出場枠ではないため、最近の3年間は全チームが初戦敗退している
  • あまりのレベルの違いに、“21世紀枠不要論”まで叫ばれているほどだという

センバツ高校野球の21世紀枠は不要? 出場校は3年間で全敗

センバツ高校野球の21世紀枠は不要? 出場校は3年間で全敗

写真はイメージです(以下同じ)

今年の春の選抜開幕まであと約1か月。選抜では夏の甲子園と違って、“21世紀枠”という特別枠で出場するチームの存在が特徴の一つでもある。とはいえ、実力重視で選ばれる出場枠ではないため、ここ最近の3年間は全チームが初戦敗退するなど、大会では苦戦しているのが実情だ。あまりのレベルの違いに、“21世紀枠不要論”まで叫ばれているほどなのである。

 そこで今回はこれまでの21世紀枠出場校の初戦の中で、得失点順に惨敗を喫した高校5校をご紹介。その上で21世紀枠は本当に必要なのか、その存在意義を考えてみたい。

◆第5位 11点差…2014年第86回大会 小山台(東京)0-11履正社(大阪)

 実は21世紀枠出場校が11点差つけられた初戦は二つある。その一つが昨年の第91回大会で熊本西が智弁和歌山の前に2-13で大敗した試合なのだが、試合内容という点でこの一戦を5位とした。

 この年、都立高としては初の選抜出場を果たした小山台はその初戦で当時、4年連続の出場中の履正社と対戦。だが、この前年秋の東京都大会で強豪私学を連破してベスト8入りを果たした小山台も、大阪の強豪相手ではまったく試合にならなかった。

 エース・伊藤優輔が初回こそ、相手の3・4番を連続三振に仕留め甲子園を沸かせたが、直後の2回に内野安打に3与四球でまず、1失点。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)