選抜高校野球「21世紀枠」大金星の歴史。敗れた強豪校は「腹を切りたい」の捨て台詞…

選抜高校野球「21世紀枠」大金星の歴史。敗れた強豪校は「腹を切りたい」の捨て台詞…

写真はイメージです(以下同じ)

開幕までひと月を切った今年の春の選抜。今大会にも“21世紀枠”という特別枠で3校が出場するが、実力重視での選出ではないため、21世紀枠の昨年までの初戦成績は13勝38敗、通算でも19勝51敗と圧倒的に分が悪くなっている。

 ただ、そんななかでも私立の強豪校相手に見事、勝ち星を挙げたチームもチラホラと。そこで今回は前回とは真逆の、“話題をさらった21世紀枠勝利チーム”を年代順にご紹介しようと思う。

◆21世紀枠元年でのいきなりの… 2001年第73回大会 宜野座(沖縄)

 21世紀枠が初めて採用された2001年の第73回大会。その記念とばかりに大旋風を巻き起こしたのが宜野座だった。初戦でいきなり東海大会王者の岐阜第一と激突。これを7-2で降すと、桐光学園(神奈川)を4-3、浪速(大阪)を延長11回のすえ4-2で振り切ってなんとベスト4進出を決めたのだ。さすがに準決勝ではこの大会の準優勝校となる仙台育英(宮城)の前に1-7で完敗したが、部員全員が地元の中学出身で地域貢献への貢献度が高いという理由で選出された同校が甲子園でも地元に対する大貢献を果たしたのである。

 そして宜野座の健闘はこれで終わらなかった。なんとこの年の夏の沖縄県予選を勝ち抜き、地力での甲子園行きを決めたのだ。さすがに夏は2回戦の日本航空(山梨)との一戦で1-4で敗退したものの、なんと初戦では春に苦杯を舐めた仙台育英と再戦。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)