「新型コロナ・経済・検察人事」今の日本で大事な点は3つだ/倉山満

「新型コロナ・経済・検察人事」今の日本で大事な点は3つだ/倉山満

森まさこ法相が東日本大震災の際「検察官が最初に逃げた」と事実に基づかない答弁をした問題を巡り、安倍晋三首相は厳重注意にとどめ、森氏の続投が決定した 写真/時事通信社

―[言論ストロングスタイル]―

◆「生物兵器説」を垂れ流した言論人の責任を問う段階に入ったと考えるべきだ

 もはや、この世の終わりか?

 コロナウィルスでパニックになっているところに、リーマンショック以来の株価暴落。そして、国会では小西洋之(コニタン)がマトモなことを言い出した。これこそ本物の天変地異だ。明日は沖縄に雪が降るか? それとも地球に隕石がぶつかるか? とにもかくにも、人心は大混乱だ。

 そんなある日、我が国の副総理閣下であらせられる麻生太郎財務大臣が、新型コロナウィルスに関して大胆に言い切った。

「これは一言で言うと、ウィルス性の風邪」「対策は風邪と同じ」「体を温かくして、うがい手洗いをしっかりしましょう」

 それ、日本で一番パニックになっている、安倍晋三総理大臣閣下に言ってあげればよいのではないか。あの「アホウ太郎」が冷静沈着に科学的な知見に基づいた発言をしている! いよいよUFOでも飛来するか、末法の世か。

 ただ、この麻生大臣の断言には、少なからずの人々が安堵したのではないか。特に、根強く残る「武漢ウィルス=生物兵器」説には、未知の病原体であるだけに多くの人々が怯えていたであろうし。保守を標榜する月刊誌とタブロイド紙を見よ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)