コロナ不況を味方につけるメガネのJINS、過去2度の経営危機を乗り越え…

コロナ不況を味方につけるメガネのJINS、過去2度の経営危機を乗り越え…

JINSの眼鏡を着用する筆者

―[あの企業の意外なミライ]―

 価格均一のメガネを販売することで知られるJINSホールディングス(以下、JINS)の業績が好調です。

「JINS 花粉 CUT」が新型コロナウイルスの感染を防ぐ“目のマスク”として消費者の間で注目を集めているようで、コロナ不況の影響を受けるどころか、今期は大きな売上げアップが見込まれています。

 しかし、2006年の上場以来、JINSは過去2度の大きな経営危機がありました。

 あのファーストリテイリングの柳井正氏社長から「この株価は将来性がないと思われている」とも言われたことのあるJINS。上場から間もない2008年8月期から2期連続で赤字に転落し、上場廃止の危機に陥りました。

 2009年、起死回生の一手として実施したのがビジョンづくりと、「料金体系の見直し(レンズ追加料金なしのNEWオールインワンプライス)」と、「Airframe発売」「テレビCM」「屋号の統一」「JINS原宿店リニューアル」という施策。

 それにより業績が回復したことで2011年に、新しい“視力の良い人でもかけられる機能性アイウエア”という新機軸で「JINS PC(現在のJINS SCREEN)」「JINS Moisture」を発売。その「JINS PC」が大ヒットするも、程なくして失速。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)