外国人労働は過酷な現場ばかりでない。都内ホテルで清掃するネパール人女性の夢

外国人労働は過酷な現場ばかりでない。都内ホテルで清掃するネパール人女性の夢

都内シティホテルで清掃のチェック業務を担当するネパール人のラナさん

コンビニのアルバイト店員や飲食店の接客係。われわれがよく目にする光景の中で考えるだけでも、いまや日本社会において外国人労働者が欠かせないことはよくわかる。厚生労働省の発表によれば、日本の労働人口は2000年から30年で約586万人の減少が見込まれ、労働力不足は日本の喫緊の課題と言える。

 そんな外国人労働者の受け入れが急務ななか、いま日本で働いている外国人はどんな思いで働いているのか。都内シティホテルでベッドメイクなどの清掃業を担当するネパール出身ラナ・アンジラさん(23歳)は来日して4年目。今は日本語も流暢に話し、日本人スタッフとのコミュニケーションにも困らない。

「仕事は楽しい。やりたいことを広げるため、今の仕事をもっと頑張りたいですね。日本語学校に通うお金も貯めています」

 ホテルの仕事は週4日。上限の28時間いっぱいまで働いて手取りは月約13万円。外国人スタッフはなかなかコミュニケーションを日本人スタッフ(責任者)ととるのが難しいため、ベッドメイキングなど裏方の仕事が多いが、ラナさんは「部屋がきれいに掃除されているか」「お客様の忘れ物はないか」などチェック業務という、ワンランク難しい業務をこなす。

 とはいえ、来日した当時は苦労した。ネパールの看護の専門学校を卒業して専門技術はあるものの、日本語が話せなければ看護の仕事にはつけない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)