新型コロナで葬儀業界にも影響。葬儀のリモート化、ライブ配信も

新型コロナで葬儀業界にも影響。葬儀のリモート化、ライブ配信も

コロナウイルスの影響は、葬儀業界にも…(※画像はイメージです。以下同)

コロナウイルスの影響がさまざまな業界に及んでいる。日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」や「お別れ会プロデュース Story」などを運営する鎌倉新書は、全国の提携葬儀社128社と、直近2年半以内に葬儀を行った(携わった)経験のある40代以上の2000人へアンケート調査を実施。新型コロナウイルスが葬儀業界に与えている現状を取りまとめ、17日に発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今もなおイベントの中止・延期が相次いでいるが、葬儀業界では現在、従業員のマスク着用の義務付けや、親族のみで執り行う小規模な葬儀が増加。約6割の葬儀社が「スタッフの消毒液使用」を義務付けるも、消毒液の入手困難になりつつある現状や、約9割の葬儀社が「参列者は減少した、または今後減少していく」と回答する実態などを紹介している。

 今回は、コロナウイルスを機にもたらされた葬儀業界への影響について、同社の広報担当者に聞いた。

◆葬儀社からも「マスクや消毒液が入手困難」の声

 故人との最後のお別れの場として多数の参列者が集まる葬儀。タイミングが不明確なケースが多く、開催時期の延長が難しいという特殊な性質を持ち合わせており、参列者が100名を超える場合も決して珍しくない。

 鎌倉新書が行ったアンケート調査では、直近1か月で葬儀に参列した人の感想として、「お別れをしたい気持ちもありつつ、大勢の人が集まる場所に行くことが不安」「入り口でアルコール消毒を受けた」「僧侶も読経後はマスクをしていた」「隣の人との席間隔が空いていた」「焼香後用に除菌効果のあるウェットシートが渡された」「妊婦のため参列に悩んだ」といった声が紹介され、多くの人が集まる葬儀での濃厚接触を心配する参列者が多いことがうかがえる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)