炎上アイドルユニットの運営がコロナで悲鳴「電気代すら払えない」

炎上アイドルユニットの運営がコロナで悲鳴「電気代すら払えない」

アイドルユニット「THE BANANA MONKEYS」

「アイドル運営をしています。新型コロナウィルスによる自粛要請を受け、活動を休止し続けた結果、資金繰りがうまくいかず、電気代すら払えずにいたんですが、ついに電気が止まりました」

 Twitter上に投稿されたこちらのつぶやき。ツイート主は「THE BANANA MONKEYS」(通称“バナモン”)というアイドルユニットを運営するサンカワリクさん(@riku_sankawa)だ。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために、政府や自治体が外出自粛を呼びかけ、“三密”(「密閉」「密集」「密接」)を避けるよう繰り返されている。そんななかライブハウスをはじめ、イベント会場などは営業中止を余儀なくされた。

 当然、ほとんどのアイドルが活動の場を失ってしまったのだ。裏を返せば、運営側も収入源が絶たれてしまったことになる。そこで、サンカワさんに現在の窮状について直撃してみたところ……。

「……スイマセン! ぶっちゃけ、あの投稿に関してはやや“釣り”だったんです。バズるかなぁ〜と思って。ただ、嘘は書いていません」(サンカワさん、以下同)

 意外な返答に筆者は呆気にとられた。しっかりと釣られて取材まで申し込んでしまったので、サンカワさんの作戦勝ちと言えるだろう。だが、果たしてその真意とは何だったのだろうか。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)