元ロッテ捕手・里崎「いまプロ野球ファンにできること」

元ロッテ捕手・里崎「いまプロ野球ファンにできること」

里崎智也氏

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NPB(日本野球機構)は4月17日にプロ野球12球団代表者会議を行い、今季のプロ野球セ・パ交流戦中止を決定。また4月23日には、開幕日の設定が“白紙状態”であることを明らかにした。

 今シーズンのプロ野球はいったいどうなっていくのだろうか? 元・千葉ロッテマリーンズ捕手で野球解説者の里崎智也氏に聞いた。

――開幕はいまだに白紙状態のようです。今後どうなっていくと思われますか?

里崎:開幕日の決定はまだまだ先になるでしょうね。緊急事態宣言も、5月6日からさらに延長されそうですし……。アメリカやヨーロッパなどは日本よりずっとひどい状況ですから、WBCは延期になると思います。

――開幕日が決まらないというのは、選手にとっては大きな負担でしょうね。

里崎:僕が選手の立場だったら「この場合はこうする」といった具体的なアナウンスがほしいですよね。NPBが期限を明確にして取り組まないと、何も進まない。延期・中止を何月何日までに決定するのか。もし期日までに決まらなければ、次の期限はいつまでなのか。いつまでに結論を出すのか。そういった情報をNPBは野球関係者にきちんとアナウンスする必要があります。

 そうじゃないと、選手も調整のしようがありません。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)