マスク装着時は細菌が繁殖しやすい状態 ケアをしなければ虫歯や歯周病に発展も

マスク装着時は細菌が繁殖しやすい状態 ケアをしなければ虫歯や歯周病に発展も

記事まとめ

  • マスクの内側は湿度が高くて蒸れやすく細菌類が繁殖しやすい環境にあるという
  • マスクをはずしたときの口臭は腐った玉ねぎやキャベツ、卵のようなにおいだとも
  • 虫歯や歯周病などに発展することを防ぐには、口の中を清潔に保つことが大切だという

マスクの中は口臭地獄?コロナ禍で口が臭くなるカラクリ

マスクの中は口臭地獄?コロナ禍で口が臭くなるカラクリ

マスクの中は口臭地獄?コロナ禍で口が臭くなるカラクリの画像

マスク着用の口内は、温泉地で腐った生ゴミを持って歩いているような臭さ!?

 新型コロナウィルスが猛威をふるい、マスクを日常的につけるのはマナーになった。そこで、ふと「あれ、口が臭いかも?」と思う読者も多いのではなかろうか? 唾液が乾燥したにおいで、口臭というワケではないと思いたいが……。

「本来ならば“唾液という消毒液”で潤っているはずなのに、このコロナ禍でマスク内の唾液分泌量は極端に下がっています。唾液は減っているのに、マスクの内側は湿度が高くて蒸れやすく、細菌類が繁殖しやすい環境にある。つまり、今、世の大人たちの口臭レベルは非常に上がっています!」

 そう厳しく断言するのは、歯学博士の角祥太郎氏だ。なぜ、コロナ禍で唾液の分泌量は減るのだろうか?

「リモートワーク中心になり、しゃべる量が極端に減ると唾液の分泌量は減少します。また、外出自粛によるストレス、日々緊張や不安も口を乾燥させ、唾液を減らします。マスク装着中は自分ににおいを感じさせ、はずせば相手の鼻腔を刺するという状態です」

 ちなみに、マスクをはずしたときの口臭は、相手にどのようなにおいと思われているのだろうか?

「代表的なものは、玉ねぎが腐ったようなにおいの『メチルメルカプタン』、キャベツが腐ったようなにおいの『ジメチルサルファイド』、卵が腐ったようなにおいの『硫化水素』です。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)