ユニークな地方ローカル・くま川鉄道。誰でも弾けるピアノが駅舎内に?

ユニークな地方ローカル・くま川鉄道。誰でも弾けるピアノが駅舎内に?

終点湯前へ

国鉄時代、湯前線が特定地方交通線に指定され、廃止が確定した。沿線自治体が第3セクター鉄道化を決議し、熊本県も合意したことで、1989年10月1日(日曜日)、くま川鉄道として再出発した。あれから31年、2020年の新春に、湯前駅へ行ってみた。※この記事は2020年1月7日(火曜日)に取材したものです。

◆『田園シンフォニー』に乗って、湯前へ

 くま川鉄道の起点は人吉温泉。JR九州肥薩線の人吉駅に隣接し、構内踏切を渡れば簡単に乗り換えられる。また、駅舎が別々なので、自由通路を兼ねた跨線橋経由において、くま川鉄道のホームへ向かうこともできる。

 ホームの券売機で1日乗車券(大人1,200円、小児600円)を購入。大人650円以上の区間を往復するだけでモトがとれる。ちなみに人吉温泉―湯前間の大人片道運賃は700円。

 5番のりばから、14時32分発の湯前行きワンマン列車へ。発車すると、肥薩線の線路を走行する思わぬ展開に。一部共用区間が存在するのだ。分岐すると、相良藩願成寺(さがらはんがんじょうじ)へ。隣の肥薩線に駅が設置されておらず、くま川鉄道の独壇場だ。

 球磨川を渡ると、田園風景が広がる。このまま平地を進み、15時16分、終点湯前に到着した。ホームが両側にあるように映るが、列車の乗降用ドアは駅舎側のみ開ける。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)