刑務所でも高齢化が問題に。受刑者が高齢受刑者の介護をすることも…

刑務所でも高齢化が問題に。受刑者が高齢受刑者の介護をすることも…

刑務所でも高齢化が問題に。受刑者が高齢受刑者の介護をすることも…の画像

慶應義塾大学環境情報学部を卒業し、現在は慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に在学し、元経産省官僚の岸博幸教授に教わるという才女の辻谷実夏さん。卒業論文では「少年犯罪加害者の実名報道の是非について」について研究するなど、ニュースで耳にする法律用語や身近な法律にも非常に興味を持っているという。今回、高学歴タレント辻谷さんによる「気になるニュースな言葉」をわかりやすく解説する新連載がスタートする!

 新型コロナウイルスを巡る外出自粛によって、110番通報や刑法犯認知件数が昨年に比べ減少傾向にあるそうです。そもそも犯罪件数(認知件数)は平成16年度をピークに減少しており、凶悪事件や少年犯罪なども同じ傾向にあります。「犯罪が増えている」「凶悪な事件が多い」と感じることもありますが、これは悪いニュースは広がりやすく、印象に残りやすいことによる誤解と考えられます。

 罪を犯し、刑に服することになった人を収容する場所が刑務所。近年では「刑務所ダイエット」などでも話題になりますが、実態はよく知られていません。そんな刑務所において私が気になっている問題が、刑務官、特に女性刑務官の人手不足問題です。そこで、一般的にあまり知られていない「刑務所」の内情についてお話ししていきたいと思います。第一回は、「刑務所の問題点」編です。お話を伺ったのは、アディーレ法律事務所の古沢隆之弁護士です。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)