木村花さんを追いつめたネットの誹謗中傷、サイト運営者の責任追及はできるか?

木村花さんを追いつめたネットの誹謗中傷、サイト運営者の責任追及はできるか?

木村花さんを追いつめたネットの誹謗中傷、サイト運営者の責任追及はできるか?の画像

5月23日未明、女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が亡くなった。

 捜査関係者によると、東京都江東区亀戸の木村さんのマンションを訪れた母親(43)が、玄関ドアに「硫化水素発生中」と書かれた張り紙を発見し、119番通報。室内からは母親や知人らに宛てた遺書のようなメモも見つかり、自殺を図ったとみられている。

 生前、木村さんがSNS上で多数、匿名による誹謗中傷の集中砲火を受け、悩んでいたことは周知の通りだが、そもそもSNS上の匿名アカウントから発信者を特定し、損害賠償などを求めようと思うと、あまりにハードルが高すぎて、金銭面や時間的都合などから諦めざるを得なくなっているのが実情だ。

 正体不明の相手に損害賠償を求めようと思うと、どのようなプロセスが待っているのか。筆者が体験したプロバイダ責任制限法による発信者情報開示請求のプロセスを紹介しよう。

◆著書への心無い批判に

 筆者の場合、きっかけは著作に対する読書レビューだった。今年1月、鉄人文庫より週刊実話での連載をまとめた『実録 女の性犯罪事件簿』を出版した。過去12年の連載から、女性が起こした性犯罪を約40件取り上げ、その後の経緯まで追加取材したものだ。

 ところが、これに対し、自称「りさちん・30歳・O型」という女性から、「無理やり不幸に当てはめたような書き方でなんかうんざりした。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)