「テレビは故障するまで使う」はNGのワケ。得する買い替え時とは?

「テレビは故障するまで使う」はNGのワケ。得する買い替え時とは?

写真はイメージです

残念ながら2021年7月に延期となった東京オリンピック。4年に一度の祭典に合わせてテレビの買い替えを検討していたものの、新調を先送りにしたという家庭も珍しくないはず。だが、総合家電エンジニアの本多宏行氏は、「エコポイント制度のタイミング(’09年5月15日から’11年3月31日まで実施)に購入されたテレビであれば、そろそろ買い替えの時期を迎えている可能性が高い」と注意を促す。後悔しないテレビ選びのコツとは?

「テレビなどの家電製品には、修理を行うための『補修用性能部品』に最低保有期間が設けられています」と本多氏はまず指摘。テレビの最低保有期間は8年なので、エコポイント制度のタイミングで購入した場合は、たとえ故障していなくてももう買い替えを検討したほうがいいというわけだ。

「テレビはハイビジョン画質からフルハイビジョン画質へと移り変わり、その最新技術は4Kや8Kのスーパーハイビジョン画質を実現させました。液晶テレビ、有機ELテレビを問わず、購入するならスーパーハイビジョンチューナーを内蔵するテレビがおすすめです」

 スーパーハイビジョンチューナーを内蔵していれば、4Kや8Kの番組も問題なく視聴できる。さらに本多氏は、「これまで使われていたテレビのインチ数よりも、大きいサイズを選んでみては」と提案。その理由は、「テレビを視聴するときの最適な距離が変化したから」だという。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)