コロナバブルで「日経平均は3万円を超える」説。乗ってもいいの?

コロナバブルで「日経平均は3万円を超える」説。乗ってもいいの?

コロナバブルで「日経平均は3万円を超える」説。乗ってもいいの?の画像

◆総額2500兆円、低金利とカネ余りがコロナバブルの原因!

 新型コロナウイルス感染症の蔓延で史上最悪の落ち込みぶりを示す日本経済。GDP(国内総生産)はすでに2期連続の大幅なマイナスで、緊急事態宣言による外出自粛や休業が続いた2020年4〜6月期は年率20%減という過去最悪を記録する可能性も高い。にもかかわらず日経平均株価は5月の連休明けから急騰モードに入り、3月19日につけた終値1万6552円からすでに40%近い急騰を示している。

 一部には「コロナ暴落」どころか「コロナ・バブル」との指摘もあるがいったい、どうなのか? 6月18日に新刊『金融のプロが教えるコロナ暴落後の必勝投資術』を上梓する金融アナリストの永野良佑氏に話を訊いた。

――コロナで大勢の人が亡くなったにも関わらず株価は上昇を続けています。どうして上がっているんですか?

永野良佑氏(以下、永野):今の株価は秋ごろにコロナが終息して、経済が完全復活するという見通しで動いていると思われますが、私は、バブルの始まりだと思っています。低金利とカネ余りによるバブルが、コロナ終息を見越して、フライング気味に始まっているわけです。

 依然、実体経済が低迷していて、そこに新規投資や新規採用といった形でお金が流れこんでいかないことも、逆に株式市場にだけお金が流れ込むバブルを助長している2つ目の理由といえるでしょう。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)