91年前の電気機関車を運転してみた。免許がなくてもOK?

91年前の電気機関車を運転してみた。免許がなくてもOK?

運転シミュレーター

―[シリーズ・駅]―

 県外移動も段階的に解除されつつある中、ドライブやツーリングの計画を立てている人も多いはず。ただし、車やバイクと異なり、電車や機関車などを一般の人が運転することはできない。

 これらを運転できる「動力車操縦者運転免許」という資格があるが、そもそも一般向けではない。鉄道会社やその関連会社の社員でなければ取得は事実上困難だ。

 しかし、近年は運転士立ち合いのもと、自分で本物の電車や機関車などを動かすことができる「運転体験イベント」を実施する鉄道会社や施設が増えている。

 筆者は『電車でGO!』などのシミュレーションゲームで多少遊んだことがある程度だったが、本物を運転してみたい衝動に駆られ、今年2月に行われた上毛電鉄(群馬県)の運転体験ツアーに参加。ちなみに記事にするにあたって許可はもらったが、仕事抜きで参加した完全なプライベートだ。

◆なんと台湾からの参加者も!

 ツアー当日の朝、参加者は赤城駅に集合し、そこから大胡駅(おおご)に隣接する車両庫に移動。そこで開会式を行った後は、整備中の列車内を教室代わりにして講習がスタート。参加者は子供からご年配の方まで幅広く、なかには台湾から来た人もいた。

 テキストを見ながらこの日運転する電気機関車が動く仕組み、運転のやり方を学び、座学の後は事前に班分けされたグループごとにいよいよ実技訓練の開始だ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)