コロナ解雇の外資系航空会社の社員「ネットニュースで経営破綻を知った」

コロナ解雇の外資系航空会社の社員「ネットニュースで経営破綻を知った」

砂山祐介さん(仮名・44歳)

新型コロナウイルスの影響による解雇や雇い止めに齒止めがかからない。厚労省は6月5日、コロナ関連での解雇が2万人を超えたことを発表。今、労働市場では何が起きているのか? 解雇にあった当事者の声、そして専門家の分析とともに、コロナ解雇の最前線を追った。

◆海外赴任先で破綻宣告。日本に帰るに帰れない地獄の日々
▼砂山祐介さん(仮名・44歳)職種:航空会社/役職:課長級/失職理由:経営破綻/年収660万円
商社勤務を経て、英語スキルを生かし外資の航空会社へと15年前に転職。以来、海外駐在を続け、現地の女性と結婚し2児を育てる

「これ、ウチの会社じゃないか……」

 15年勤めた会社の経営破綻を知ったのはネットニュースだった。見渡せば社内には衝撃の事実に頭を抱えてうなだれる社員ばかり。

「15年勤め、会社にも貢献してきたつもりだったのに……経営破綻を社員に一切知らせないなんて裏切られた」と憤るのは、外資系航空会社で日本発着便の管理・乗り入れ交渉を担当していた砂山祐介さん。海外駐在10年目のことだった。

「3月以降、コロナの影響で世界各地の航空会社が倒産しているのは知ってましたが、その多くはLCCや規模の小さなエアライン。その点、私が勤めていた会社はそれなりに名の知られた会社ですし、いざとなったら現地政府の支援で絶対に潰さないだろうと楽観視していた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)