ジョブズも実践した瞑想法「マインドフルネス」が話題。免疫力アップ効果も

ジョブズも実践した瞑想法「マインドフルネス」が話題。免疫力アップ効果も

瞑想に適したイス「メディテーションシート」は、脚を組んで座るだけで自然と背筋が伸びるので猫背の人にもおすすめ

いまだ世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。自分の身を守るには、免疫力を上げて発症を避けるしかない。食事、入浴、運動……あらゆる角度から見た、免疫力を上げるための新習慣とは?

◆心地よさが病みつきになるストレス解放からの免疫UP術
▼瞑想:マサチューセッツ大式

 スティーブ・ジョブズも実践していたという「マインドフルネスストレス低減法(以下、マインドフルネス)」。座禅やヨガの“瞑想”をルーツに持ち、科学的根拠に基づいた非宗教的なストレス対処法がコロナ渦で再び注目を集めている。

「マインドフルネスは’80年代に瞑想を通じてストレスを低下させる“医療行為”として、マサチューセッツ大学で生まれたテクニックです。ストレス低下や集中力向上だけでなく、免疫機能の向上も期待できます」

 と、マインドフルネスの普及に努める吉田真太氏は話す。なぜ瞑想が免疫力アップに繋がるのか。

「人は、強いストレスを感じると『コルチゾール』というストレスホルモンを放出して血圧や心拍数を上げ、身の危険を回避します。しかし、そうなると人体は目の前の緊急事態から逃れることに集中するため、その他の不要不急な機能は低下させてしまいます。その機能のひとつが“免疫機能”。つまり、ストレスフルの状態だと、免疫機能は落ちていく一方なのです」

 ストレスは直接的な刺激だけでなく、頭の中で過去や未来に気を煩わせることでも発生する。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)