世界のフェラーリと業務提携したスマホ修理会社の社長。オレ騙されてないかな!?

世界のフェラーリと業務提携したスマホ修理会社の社長。オレ騙されてないかな!?

日本企業がスクーデリア・フェラーリと公式パートナーシップ契約を結ぶのは、なんと13年ぶりなのです

―[レディオブック板垣雄吾の「やりたくないことはやらなくていい」]―

 みなさん、はじめまして。板垣雄吾と申します。

 普段は、「世の中のやりたくないをなくして、面白いに変えるサービスを作っていく」がテーマのレディオブックという会社を経営しております。

 会社のメイン事業は、スマホのやりたくないこと(機種変更や修理時にかかるめんどくさい手続き、時間、データ保存)を面白いに変える、スマホPCの買取・販売・修理・レンタルサービスですが、そのほかにも独立支援やブランディングコンサル、オンラインサロン運営なども行っております。

 いわゆる日本の小さなベンチャー企業の経営者なのですが、そんな弊社は今年、スクーデリア・フェラーリとパートナーシップ契約を結びました。

◆日本で唯一フェラーリのパートーナー。これは壮大なドッキリか!?

 簡単に言うと、日本のスマホ修理をしている会社が、世界のフェラーリと業務提携したのです。現在、フェラーリとパートナーシップ契約を結んでる日本の会社は、弊社レディオブックだけ。

 この話をすると、色んな人から「え!? なんで?」「ホントに!?」と、冗談キツイぜって感じのテンションで驚かれます。

 わかります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)