上司のパワハラで県庁を辞めた40代。再就職も失敗「すべてがどうでもいい」

上司のパワハラで県庁を辞めた40代。再就職も失敗「すべてがどうでもいい」

生活ゴミが散乱する風間さん宅。「かつては綺麗好きだったけど、今はゴミ捨ても面倒」

40〜50代の失業率は2%前後とほぼ横ばいで推移し続けているが、数値には反映されない“新型”の無職中年が今、増加の一途を辿っている。現役世代を突如として奈落の底に突き落とす“社会の落とし穴”はいかにして生まれたのか!?

◆パワハラで県庁を辞するも仕事は非正規ばかり
●風間昌幸さん(仮名・45歳)

 県庁職員だった頃の上司のパワハラで離職。すべてがうまくいかず、「ふと死のうと思っている自分に気づき、震えることがある」とか。

「30歳のときに異動した課の上司のパワハラがひどく、ひたすら耐える時期が4〜5年続きました。辞めたい一心でしたが、不況の時代にせっかく入った安定性のある県庁を辞めて、民間企業への転職活動に励む勇気が湧かなかったんです……」

 秋吉さんがようやく退庁を決意したのは39歳のとき。しかし民間企業の面接で感じたのは「公務員も務まらなかったヤツ」というレッテルだった。彼の家がゴミ屋敷化していったのもこの頃だ。

「地元のPR会社になんとか再就職するも、些細なミスであっても『お役所仕事が出た』などと常に揶揄されて1年で契約が切られる始末。その後、飲食店や配送業、工事現場などでの仕事も派遣社員として経験しましたが、もともと体力に自信がなく肉体的負担の大きな仕事は続きませんでした。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)