北朝鮮、毒舌姫でエスカレートする罵倒の系譜。安倍総理は“チビで卑劣”?

北朝鮮、毒舌姫でエスカレートする罵倒の系譜。安倍総理は“チビで卑劣”?

金正恩委員長と、妹・金与正氏。2018年4月27日/REUTERS POOL New - stock.adobe.com

風雲急を告げる、朝鮮半島情勢。北朝鮮お得意の“口撃”も、ひさびさに激しさを増しています。

 金正恩朝鮮労働党委員長に代わり、妹の金与正氏が登場すると、言い回しはエスカレートする一方。脱北者団体が北朝鮮を批判するビラをまいたことに対し、
<裏切り者とくずの連中の罪過を絶対に容認してはならない>
との声明を発表した後、6月16日に南北共同連絡事務所の爆破へとつながりました。

 北朝鮮には、こうした文章を作成するエリート集団、“毒舌チーム”がある――と日本の複数のニュースショーが報じました。元毎日新聞記者でジャーナリストの西岡省二氏によると、北朝鮮の元外交官(現在は韓国の議員)が平壌国際関係大学の学生だったとき、授業で<仇の心臓にペンを刺す>との教えに基づいて毒舌文書を書く訓練をさせられたそうです(6月22日配信 Yahoo個人より)。

 というわけで、ここからは過去にも聞かれた、伝統の悪口芸を振り返ってみましょう。

◆@安倍総理をひたすらこき下ろす

 2019年10月の北朝鮮による飛翔体の発射実験を日本政府が批判した際、宋日昊・日朝国交正常化大使は、<まるで核爆弾が日本の領土に落ちたかのように騒ぎ立てている>と反論し、続けて安倍総理個人を、次のように酷評したのです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)