白ワインは冷やせばいいってもんじゃない!ワインを適温で美味しく飲む方法



◆ワイン温度計「Kelvin K2 Smart Wine Monitor」の使い方

 ワインの瓶にセットしてワインの温度を計測し、Bluetooth接続でスマホアプリに温度を知らせてくれます。アプリ側で目標温度をセットしておけば、適温になったら通知してくれます。

「Kelvin」本体はワインボトルにフィットする形状をしており、バッテリーを搭載。Micro USBケーブルで30分充電すれば、16時間駆動します。スマホとの接続はBluetooth 4.0で、アプリはiOSとAndroidに対応しています。本体サイズはW7.6×D7.6×H15.0cmで、重量は22gです。

 Bluetoothで接続すると、ステッカーの色が表示されます。本製品には6色のステッカーが付属していますが、これは複数の「Kelvin」を同時に利用する際に見分けるためのものです。

 さっそくワインを冷やしてみましょう。ワインボトルに「Kelvin」をセットし、アプリでワインのタイプを選択すると説明文が表示されるので「計測を始める」をタップします。ワインのタイプがわからない場合は、赤か白のミディアムを選択しましょう。

◆「Kelvin」があれば冷蔵庫を行ったり来たりしなくていい

 アプリにはワインの温度が表示されています。

関連記事(外部サイト)