麺の硬さ「なま」が楽しい博多ラーメン。小麦の香りが豚骨スープと融合

麺の硬さ「なま」が楽しい博多ラーメン。小麦の香りが豚骨スープと融合

博多ラーメン(650円)

―[麺すすり子のラーメン巡礼]―

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。

 全身でアニマル感溢れるラーメンを受け止めたくなることがあります。そのスイッチが入ったらもう本能のままにノンストップ。そんなすすり子が今週駆けつけたのが、東京都東高円寺にある「博多ラーメン ばりこて」さんです。

◆クリーミーなのにクリアな豚骨スープ

 博多ラーメンのお店って屋台のイメージもあって、もしかすると独特な雰囲気を感じている人もいるかもしれません(麺かため!替え玉必須!回転率!みたいな)。でも、ここはお店を切り盛りするお兄さんの丁寧なご対応にほっとできちゃうので、その点ご安心くださいませ。

 すすり子は自身のキャパをわきまえているので、替玉までこぎ着けるべくシンプルな「博多ラーメン」(680円)を注文。

 チャーシューとネギがのったシンプルなビジュアルがとてもいい。期待通りのビジュアルにうれしくなれます。スープの泡立ちは想定外でしたが、圧倒的に期待を上回るほうの裏切り方なので最高に良しです。

 泡立つスープからは想像もできないようなあっさり具合。しつこさはまったくない。豚もこんなにクリアなスープになれるのか。それでいてクリーミーなとこはちゃんと豚だからきゅんとしちゃう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)