<純烈物語>10年目の“ロクテンニーサン” 初めての無観客ライブで目撃した物語<第52回>

<純烈物語>10年目の“ロクテンニーサン” 初めての無観客ライブで目撃した物語<第52回>

<純烈物語>10年目の“ロクテンニーサン” 初めての無観客ライブで目撃した物語<第52回>の画像

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー 〜純烈物語」]―

◆<第52回>10年目の“ロクテンニーサン”純烈無観客ライブで目撃した物語

 約1年前、「東京お台場 大江戸温泉物語」(以下大江戸温泉物語)でライブをおこなう4人を訪ねたところから、この連載は始まった。日中より活気に満ちた館内。浴衣姿で走り回るチビっ子の姿、グッズを手にしながらお喋りをし開演を待つマダムたち、CD特設売店では『純烈のハッピーバースデー』のミュージックビデオが流されていた。

 だが、2020年6月23日のその場所は……無人。新型コロナウイルス対策のため、施設は4月10日より臨時休館に入っていた。

 江戸の雰囲気を再現した広小路エリアは息を潜めているかのようで、ひたひたという自分の足音が聞こえるほど。まさかこのような光景を見るとは、1年前は想像もしていなかった。

 大江戸温泉物語で定期公演をおこなってきた純烈も、2月27日を最後にオーディエンスの前で歌っていない。世の中の情勢と向き合ううちに、4ヵ月が経とうとしていた。

 その間、番組出演や個々の仕事は続けてきたが4人揃ってステージに立ち、まとまった曲数を歌うスーパー銭湯グループとしての活動は実質上休止。巷では「純烈解散の危機!?」といった見出しも躍った。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)