<純烈物語>10年目の“ロクテンニーサン” 初めての無観客ライブで目撃した物語<第52回>

14時半からの受付を済ませると、まずはムービー(映像カメラ)が会場となる大広間「中村座」に入る。

 座敷前方には左右に5席ずつ10列分並べられたイスが、今や遅しと開演を待っている。マスコミ陣はその後方に陣取る形だ。続いてスチール(写真)と記者が入場。ザっと見て80人ほどのメディアが無観客ライブに集まった。

 前々日にスポーツニッポン紙が元メンバー・友井雄亮氏の再起を報じたこともあり、それを受けて多くのマスコミが詰めかけたという見方もあった。しかし、当日の夕方過ぎから続々とアップされたウェブ記事の見出しは「純烈、デビュー記念無観客ライブで再始動」と、どれもアーティストサイドの主旨に沿ったものだった。

 それは、観客不在の中でもこれまでと同じようにハッピーな空間を提供した純烈の姿勢が伝わった証でもあった。仮にスキャンダルをほじくり返そうと思ったとしても、あの楽し気な雰囲気に包まれたらそんな気も失せてしまう。

 純烈のライブには、そんな魔力がある。いや、魔性と言ったほうがより適切かもしれない。

 じっさい、横10×縦10脚で並ぶ座椅子の後ろに体育座りした記者団の気持ちは、前のめりになっていた。報じる立場でありながら、久々に純烈の姿を拝めるとありワクワクしているのだ。

 収録開始予定時間の15時になる直前、スタッフから「エアコンを切ってください」との指示が飛んだ。

関連記事(外部サイト)