オバマ前大統領、マウンティング「する」ではなく「させてあげる」交渉術

オバマ前大統領、マウンティング「する」ではなく「させてあげる」交渉術

オバマ前大統領、マウンティング「する」ではなく「させてあげる」交渉術の画像

日本で市民権を得て久しい「マウンティング」という言葉。「マウント」とも略称され、多くの場合、職場やコミュニティー等において、相手より上位の立場であることを誇示する意味合いで用いられる言い回しだが、「人類の歴史を振り返って見れば、太古の昔から現在に至るまで、人間のあらゆる行動はマウンティング欲求によって支配されてきた」と、マウンティング研究の第一人者・マウンティングポリス氏は語る。

 本連載は、「マウンティングを制する者は人生を制する」というマウンティングポリスの仮説のもと、「誰もが自分らしくマウントを取ることができる豊かな社会の実現」を目指し、我が国におけるマウンティングリテラシー向上の必要性/重要性を訴えるマウンティングポリスが、自身の元に寄せられた様々な人生相談に対して、マウンティングの観点から回答していく企画である。

======
◆相手の専門性を称賛するオバマの逆マウント術

 みなさんこんにちは、マウンティングポリスです。

 下手なマウントというのは得てして人を不快にさせ、結局のところ、自分もうまくマウントすることができずにストレスを感じてしまうものです。しかし、今回はマウントを「する」のではなく、マウントを「させてあげる」ことによって、非常に建設的なコミュニケーションを実現することに成功しているナイスマウントな事例をご紹介します。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)