オバマ前大統領、マウンティング「する」ではなく「させてあげる」交渉術



マウントを「させてあげている」のは、皆さんもご存じ、アメリカ史上初の黒人大統領を務めたバラク・オバマ氏です。

 その様子を、2016年に公開されたアメリカの雑誌メディアWIREDでの対談動画「AI(人工知能)の未来 | バラク・オバマ×伊藤穰一| Ep1~Ep7 | WIRED.jp」から引用させていただきます。

※AI(人工知能)の未来 | バラク・オバマ×伊藤穰一 | Ep1 | WIRED.jp 2016/12/14

 この動画は、トランプ大統領が誕生する直前のタイミングで、当時の米国大統領であったバラク・オバマ氏がホワイトハウスから自身による最後のメッセージを伝える内容となっています。対談相手としてオバマ氏が指名したのは、MITメディアラボ所長(当時)の伊藤穰一氏。AI(人工知能)をはじめとするテクノロジーが我々の生活に浸透することのメリット・デメリットについて両者が議論を交わすという非常に知的かつ重厚なコンセプトの内容となっております。

 演説の名手として知られるオバマ元大統領ですが、実は、彼が卓越した「マウンティング人心掌握術」の使い手であることはそれほど知られてはいません。以下では、この点について、簡単に解説していきたいと思います。

 まず、モデレーターを務める人物が冒頭で「今回はおふたりとAIの話題を中心にお話ししたいと思っています」(0:18)と切り出して対談がスタートします。

関連記事(外部サイト)