これはゲーム? 映画? 実写作品『デスカムトゥルー』がNintendo Switchで配信開始

これはゲーム? 映画? 実写作品『デスカムトゥルー』がNintendo Switchで配信開始

インタラクティブ映画ゲーム『デスカムトゥルー』公式サイト

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

●デスカムトゥルー
Nintendo Switch、iOS、Android/イザナギゲームズ/1960円(税込)/配信中(PS4、STEAMは後日配信予定)

 6月25日に「新感覚インタラクティブ映画ゲーム」と銘打った『デスカムトゥルー』の配信が始まりました。このタイトル、普通のゲームとは少々毛色が異なり、一部で注目を集めています。それはCGではなく実写を用いていること。具体的にはどのような内容なのでしょうか?

『デスカムトゥルー』は、アニメ化もされ全世界シリーズ累計出荷本数が350万本を超えるヒットアドベンチャー『ダンガンロンパ』のクリエイター・小高和剛さんが独立して、ゲームディレクター・シナリオを手がけたタイトル。映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」であり、プレイヤーの選択でストーリーが分岐し、複数のエンディングを迎えます。

 始まりはとあるホテルの一室。ベッドに横たわる男は電話のベルの音で目を覚まします。男には記憶がなく、バスルームには縛られ気を失っている女。そしてテレビから流れるニュース映像には、連続殺人犯として指名手配されている自分の姿が……。

 先が気になるストーリーですが、プレイ動画のアップロードおよび生放送禁止が発表されているため、物語の詳細は控えめにしたいと思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)