これはゲーム? 映画? 実写作品『デスカムトゥルー』がNintendo Switchで配信開始

ただ、残念ながら実写ゲームはヒットに恵まれず、日本ではあまり浸透しませんでした。

 今回の『デスカムトゥルー』は、そうした過去の実写ゲームの系譜に連なるものと言えます。また、Netflixのドラマ『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』に代表される、選択肢によって内容が変わる「インタラクティブコンテンツ」や、海外で火がつき始めているゲーム発のインタラクティブドラマのトレンドを、日本にいち早く持ち込んだタイトルという側面もあります。

『デスカムトゥルー』はNintendo Switchでも配信されていますが、ゲームファンではなく、むしろドラマ・映画ファンと相性が良さそうです。

 昨年、Netflixがゲームへの本格参入を発表するなど、オンライン動画配信サービスとゲーム業界が近づきつつあるなか、過去に花開かなかった実写ゲームが、今度こそ定番のコンテンツとなる日が来るのでしょうか。

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン〜なつかしゲーム子ども実験室〜』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)