若年ホームレスを支援する26歳女性の挑戦 「コロナで相談が倍増しました」

若年ホームレスを支援する26歳女性の挑戦 「コロナで相談が倍増しました」

相談者と面談する市川加奈さん(奥)

生活困窮者に仕事と住まいを紹介するソーシャルビジネスが、ホームレス問題を解決する一助になると期待されている。Relight株式会社の市川加奈さん(26)が立ち上げた生活サポート総合事業「いえとしごと」だ。

 住所や携帯電話、身分証がなくても、長く働ける場を提供しようと昨年4月に始まった。寮付きの求人紹介に特化したサービスで、これまでに100人以上就職につなげた。現場目線の手厚い対応が、好評を呼んでいる。

◆「面接に行く交通費はある?」「細かい作業は好き?」 相談者の要望探る

 九州から上京の20代男性が6月下旬、都内にある市川さんの会社へ訪れた。キャバクラのボーイやコンビニ店員など職を転々とし、相談時は都内に住む友人の家に居候中だった。友人からそろそろ出ていってほしいと言われたため、インターネットで住み込みの仕事探しをしていたところ、寮付きの職場を紹介してくれる「いえとしごと」を見つけた。

 男性が記入した登録シートを眺めながら、市川さんは「面接に行く交通費はある?」「細かい作業は好き?」などと質問を重ねた。上京理由などプライベートなことはあまり詮索せず、仕事と一緒に紹介できる住まい(寮)や生活再建に向けた具体的な道筋を話し合っていた。

 40分余りの面談後、翌日に1社面接を受けることが決まった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)