「正社員で事足りる」コロナ禍で派遣切りになった30代、バイト先もない実態

「正社員で事足りる」コロナ禍で派遣切りになった30代、バイト先もない実態

中島 明さん(仮名・38歳)

新型コロナウイルスの影響による解雇や雇い止めに齒止めがかからない。厚労省は6月5日、コロナ関連での解雇が2万人を超えたことを発表。今、労働市場では何が起きているのか? 解雇にあった当事者の声、そして専門家の分析とともに、コロナ解雇の最前線を追った。

◆失職者殺到でバイト先もない。統計以上の数が派遣切り

 いつの時代も、景気や企業の業績悪化の影響を真っ先に受けるのが非正規雇用の労働者たち。今回のコロナ禍も例外ではない。

▼中島 明さん(仮名・38歳)職種:空港地上職員/役職:補助/失職理由:派遣切り/年収:320万円
20代中盤まで俳優としての夢を追い劇団での活動に邁進。これまで4つの派遣先を転々とし、空港での勤務は今年で3年目だった

◆「正社員で事足りる」減便に次ぐ減便で、空港勤務を派遣切り

「『飛行機の本数も減って、正社員だけで事足りるから今回は申し訳ないけど……』。そんな上司のひと言でハイ、サヨナラ。派遣切りに遭い、3月から無収入です」

 関西の空港にて地上職員の補助役として働いていたのは中島明さん(仮名・38歳)。通常どおりシフトに入れていた1月の手取りは19万円。その後、飛行機の減便によりシフトは削られ続け、2月の手取りはわずか5万円にまで減額。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)