注目コント師・かが屋とYouTube作家・白武ときおがお笑い第7世代を語る

注目コント師・かが屋とYouTube作家・白武ときおがお笑い第7世代を語る

左からかが屋・賀屋壮也、かが屋・加賀 翔、白武ときお

キングオブコント2019ファイナリストとして一躍有名になったお笑いコンビ「かが屋」。メンバーの加賀翔、賀屋壮也はともに1993年生まれで、コンビ結成は2015年。霜降り明星、ハナコらと同じく「お笑い第7世代」に属する。白武はかが屋のYouTube チャンネル「みんなのかが屋」に放送作家として参加し、お笑い界に新たな潮流を生み出している。白武とかが屋の3人が、「みんなのかが屋」の運営や、コロナ禍のなかで実施した無観客ライブについて語り合う。

(本座談会は、白武ときお著『YouTube放送作家』からの抜粋です)

◆出会いはTwitterのDMから

白武:僕は、2018年の夏頃にかが屋の存在を知りました。マセキ芸能社のYouTubeにネタ動画がアップされていて、あまりの面白さにその日に全部見てしまったんです。ずっと気になっていたので、その年の12月にTwitterで賀屋さんにメッセージを送り、恵比寿の居酒屋で会うことになったんですよね。

加賀:懐かしいですね。白武さんの存在は、僕らもずっと前から気付いていました。SunSetTVの『Aマッソのゲラニチョビ』や『霜降り明星のパパユパユパユ』のエンドクレジットで見ていたので。

賀屋:あと、一時期ルームシェアしていたひつじねいりの細田からも「すげー稼いでいる同世代の放送作家がいる」と聞いていました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)