“令和の怪物”佐々木朗希が人生の指針とする、イチローの言葉

“令和の怪物”佐々木朗希が人生の指針とする、イチローの言葉

“令和の怪物”佐々木朗希が人生の指針とする、イチローの言葉の画像

―[17の閃光〜佐々木朗希物語〜]―

◆野球への道を突き進むキッカケはイチローだった

 メディアから尊敬する人物を問われると「イチロー」の名前を挙げる。“令和の怪物”と呼ばれる千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手にとってそれは偽らざる事実であり、野球への道を突き進むキッカケになった人物はイチローなのである。

「2009年のWBCを自宅のテレビで見ていました。小学校1年生の時だったと思います。下校後に見ました。まだ野球はしていませんでしたけど、兄が野球をしていたので野球はもっとも身近なスポーツでした」

 佐々木朗希はロッカールームで当時のことを饒舌に話してくれた。2009年3月23日、ドジャースタジアムにて行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)決勝。10回表2死2、3塁の場面。イチローは7球粘った末、センター前に2点タイムリーを放った。決勝の延長戦でスーパースターが試合を決める。日本中が手に汗を握った場面だった。目の当たりにしたドラマチックな展開に、当時小学1年生だった佐々木朗希も胸をときめかせた。

「感動しました。野球ってカッコいいなあとこの時に思ったのです」

◆心にスッと入ってくる、独特の“イチロー節”

 あれから月日は流れ、佐々木朗希は背番号「17」を背負って千葉ロッテマリーンズの本拠地ZOZOマリンスタジアムのロッカールームにいた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)