ゲーマー、演歌歌手、女子アナ、犬…韓国テレビが何でも競わせる危ない事情

俳優やモデルはもちろんだが、作曲家もファッションデザイナーもサバイバルの題材になった。出演者は番組の中で意味もなく競わされ、見世物にされるのであった。

「しまいには犬もオーディション番組になりましたからね。『サバイバル犬ショー“スーパードッグ”』(KBS)という番組です。今、韓国は空前のペットブームだから、飼い主は『自分の犬は可愛いでしょ? 賢いでしょ?』と自慢したくて仕方ないわけですよ。審査員も訳知り顔で『歩き方に気品がある』とか『こんなにも人の言うことを聞くなんて……!』とかコメントしていましたけど、当然のように番組自体は低視聴率のまま終わりました(苦笑)。

 一方、『マイスターリーグ』(OGN)はeスポーツのサバイバル系オーディション番組。韓国でeスポーツで盛んなことは日本でもよく知られていると思います。韓国にはプロリーグがあるんですよ。プロだったら大会に出て優勝賞金をもらうなり、企業からスポンサードしてもらうなりすればいい。

 だけどプロになりたい志願者も大勢いるわけで、そういう人たちが出るオーディション番組が『マイスターリーグ』なんです。プロ野球選手を目指すアマチュアのためのオーディション番組……と言えばイメージは伝わりやすいかな」(同)

 これだけではない。なんとMBCでは自局の女子アナ面接試験も『新入社員』というオーディション番組内で放送したのだから、デタラメの極みである。

関連記事(外部サイト)