ミスチル桜井、長渕剛クラスの歌手がバトルに負ける…ガチすぎる韓国リアリティショー

「実力がない奴は出てくるな!」という考えが厳然と存在し、日本のように「成長過程を見守る」という文化が根付いていないのだ。これはアイドルで特に顕著といえるだろう。

「僕は『PRODUCE101』シリーズ(Mnet)のプロデューサーだった人と個人的に知り合いなんですよ。今、彼はテレビとはまったく別の仕事をしているんだけど、日本の芸能界とかテレビのことも詳しい人なんですよね。それこそ『ASAYAN』とかモーニング娘。結成の経緯とかも理解していましたから。

 だから日本式のオーディション番組をMnetでやりたいという話は前からしていたんです。『まだタマゴみたいな状態の若者を番組で追っていきたいんだ』とね。ところが社内の上層部からは、すさまじい反対に遭った。『クオリティが低いものを出すのは視聴者に対して失礼だろ!』というわけです」(同)

 なるほど。言われてみれば、たしかに『PRODUCE101』はどこか日本に近いテイストがあったようにも思う。セミプロのような出演者が多かったものの、番組内では初々しい雰囲気を漂わせていた。

「初期はまだよかったんですよ。出演者が素人とはいえ、練習はきちんとこなしていましたし。ところが、そのあとで始まった『PRODUCE48』ではAKB48グループを取り上げましたよね。AKB48はモーニング娘。

関連記事(外部サイト)