40代の4人に1人が貯金ゼロ…本当に自己責任なのか?

40代の4人に1人が貯金ゼロ…本当に自己責任なのか?

40代の4人に1人が貯金ゼロ…本当に自己責任なのか?の画像

将来に向けて資産形成を……という意識の高い話は耳が痛い。40代の“貯金ゼロ”は23.2%もいる(「20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020」SMBCコンシューマーファイナンス調べ)。
 コロナ禍で収入減や休業に直面しても、子供にかかる費用は変わらないし、ローン返済も待ったなし。ならば、危機的な状況でもたくましく生きる“貯金0円家族”のお宅を訪問し、独特すぎるそのサバイバル術を学んでみるのはいかがだろうか?

◆40代の4分の1が貯金ゼロ! コロナで社会問題が可視化される

 SMBCコンシューマーファイナンスの調査によると「貯金が0円」の40代は23.2%もいるという。新型コロナウイルスの猛威で、休業や廃業、減収とさらなる追い打ちをかけられる危機的な状況にあるなかで、そもそも、なぜ40代は貯金ができずにここまできてしまったのか。働き方評論家の常見陽平氏に聞いた。

「今の40代は就職氷河期を体験したロスジェネ世代。雇用が不安定で貯金すらままならない人もおります。もっとも、貯金ができるか否かは簡単なことで、インプットとアウトプットの差があるかどうか。収入が少なくても支出を減らせば貯まるし、収入が大きくても支出が多ければ貯まりません」

 となると、やはり“貯金ゼロ”は自己責任なのか。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)