安全なマスクをどう選ぶ? メガネがくもる、デザイン重視…の危険性

安全なマスクをどう選ぶ? メガネがくもる、デザイン重視…の危険性

安全なマスクの選び方を解説

安全なマスクをどう選ぶ? メガネがくもる、デザイン重視…の危険性

安全なマスクをどう選ぶ? メガネがくもる、デザイン重視…の危険性の画像

ユニクロミズノ、青山商事など、様々な企業からマスク製造への参入が相次いでいる。一方、政府は7月末に8000万枚の“アベノマスク”追加配布を発表したが、「必要ない」などの声が噴出して断念した。

 深刻な「マスク不足」に悩まされていた時期もあったが、今は豊富な数と種類のマスクが店頭に並ぶようになった。いったい私たちは、何を基準に着用するマスクを選べばいいのだろうか。

「otonadekodomo」という子供服ブランドを展開する傍ら、「otonadekodomoマスク」を今年4月に販売し、100万店舗が登録する巨大通販サイトBASEで総合ランキング1位を獲得した株式会社オーチ代表の赤尾翼氏に話を聞いた。

――そもそも、どうしてマスクを製造しようと考えたのでしょうか。

赤尾翼氏(以下、赤尾):私は子供がいて、子供用マスクの質に不安を感じたのがきっかけでした。

 キャラクターものとか、子供が気にいることを重視して安全性を考慮していないマスクが多くて、子供が安心して外出できるマスクを作りたいと思ったんです。

 アパレルをやっている関係で中国の医療用マスク製造工場と繋がりがあり、1月ごろから製造販売の準備を始めました。徐々に主製品の子供服が売れなくなってきたので、いいタイミングだったと思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)