コロナ禍の先に見えるスポーツの未来。リスタートする東京五輪への期待は?

コロナ禍の先に見えるスポーツの未来。リスタートする東京五輪への期待は?

オリンピックシンボルと国立競技場

―[今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪]―

〜第77回〜

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

 2020年の東京五輪・パラリンピックが1年後に延期されました。当連載も一連のコロナ禍以降、見に行くべきものも動きも何もないという状況でストップしておりましたが、「1年」の節目にあたって心機一転したく思います。

◆幻の東京五輪開会式の日に国立競技場へ。すると…

 去る7月24日、幻の東京五輪開会式の日に僕は国立競技場にいました。傘がいらない程度の小雨がときおりパラつく曇り空は、もともと最大の懸念として取り上げられていた「猛暑」とは無縁のものでした。暑くもなく、寒くもなく、日差しに打たれることもない絶好の開会式日和。この日が開会式であったなら「心配されていたお天気にも恵まれ」とニッコリ笑顔の式典であっただろうと想像します。華やかに祝祭が幕を上げただろうなと。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)