元サッカー日本代表・内田篤人を世界レベルに押し上げた“察知力”

元サッカー日本代表・内田篤人を世界レベルに押し上げた“察知力”

元サッカー日本代表・内田篤人を世界レベルに押し上げた“察知力”の画像

サッカー元日本代表でJ1・鹿島アントラーズに所属する内田篤人が現役を引退した。23日(日)に行われた対ガンバ大阪戦で途中出場し約80分間に渡りプレー。試合後にセレモニーを、翌日リモートでの会見を行い、14年半の現役生活に別れを告げた。

 内田は清水東高校を卒業後、’06年に鹿島入り。高卒1年目でレギュラーを獲得すると、’08年1月には弱冠19歳でA代表に選出。’10年南アフリカW杯後にはドイツ・ブンデスリーガの強豪シャルケ04に加入し、いまだ日本人最高位であるUEFA CLベスト4進出という偉業を成し遂げた。攻守に重要な役割を担い、押しも押されもせぬ主力選手としての地位を確立。右SH(サイドハーフ)ジェフェルソン・ファルファン(元ペルー代表)とのコンビは流れるような連携から「チョコレートライン」の愛称で親しまれ、シャルケの一時代を築いた。

◆内田を世界レベルに押し上げた“察知力”

 身長176cmの内田はブンデスの選手としては小柄であり、67kgという体重はリーグ最軽量クラスだった。それにも関わらずディフェンスラインの一角を担い、現地で“リーグ屈指のSB(サイドバック)”と称されるまでに活躍できたのは、体格差をカバーして余りある明晰な頭脳があったからだ。

 内田のプレーはとにかくクレバーだった。高い戦術理解力に加え、敵・味方の少しの所作から次のプレーを読む洞察力は群を抜いており、気の利いたプレーで味方をサポートした。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)