色黒の角刈り男が熱弁を振るう、持続化給付金「不正受給セミナー」に潜入

色黒の角刈り男が熱弁を振るう、持続化給付金「不正受給セミナー」に潜入

無職や主婦でも持続化給付金がもらえることをほのめかすSNSの書き込み

◆巧妙な手口で不正受給が相次ぐ

 新型コロナの影響を受けた人たちを支援するため、中小企業には最大200万円、個人事業者やフリーランスには最大100万円を給付する「持続化給付金」を不正受給したとして、最近、逮捕者が相次いでいる。7月から中小企業庁によって、持続化給付金の調査が行われており、詐欺を指南した人物ではなく、不正受給をした本人が逮捕されるケースもある。

 新型コロナ対策の持続化給付金や融資の詐欺事情に詳しいフリーライターの奥窪優木氏によると、「不正受給の指南や申請代行がSNSで拡散されている。クローズドなセミナーも開催され、騙されている人が続出しています」と指摘する。

 奥窪氏の最新刊『ルポ 新型コロナ詐欺 〜経済対策200兆円に巣食う正体〜』では、新型コロナに関連した給付金や補助金を不正受給する連中を取材し、その巧妙な手口に迫っている。

 奥窪氏がSNSに「会社員・主婦の方も高額受給が可能」などと広告掲載されているのを発見し、持続化給付金の「不正受給セミナー」の実態を暴露すべく潜入した――。

◆全国で大規模に開催されたセミナーに潜入

「皆さんが受け取れるのは持続化給付金だけではありませんよ! 新型コロナの経済への打撃を食い止めようと政府が躍起になっている今、事業者が申請できる補助金や助成金はどのくらいあると思いますか? なんと3000種類ですよ! 先ほどもちょうど、以前にこのセミナーに参加された方から『総額850万円の補助金を獲得しました!』という喜びのご報告をいただいたばかりです! 彼はまさにみなさんの3週間後の姿であります!」

 20人ほどの聴講者を前に、日焼けした肌に角刈り頭、腕には分厚い金時計を巻き付けた講師の男がそう息巻いた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)