京都を代表する観光地、嵐山の現在。浴衣が激安で売られているワケ

京都を代表する観光地、嵐山の現在。浴衣が激安で売られているワケ

渡月橋

10月1日より、除外されていた東京都を補助対象に追加する検討に入った「Go To トラベルキャンペーン」。本格始動し、待ちわびていた旅行の計画を立てる人も多いと思うが、国内の人気観光地はいまどのようになっているのだろうか? 京都を代表する観光地である嵐山を歩いてみた。

◆「スイてます嵐山」の賛否に地元民は

 桂川にかかる渡月橋や竹林の小径など、多くの観光客で賑わう嵐山。

 今年に入り、新型コロナの影響によって外国人観光客が激減。嵐山にある5つの商店街で組織された「嵯峨嵐山おもてなしビジョン推進協議会」は今年2月、「スイてます嵐山」と銘打ったポスターでプロモーションを公開し、大きな話題を呼んだ。しかしその反面、地元からは賛否両論の声も上がっていたともいう。嵐山で働く人に当時の心境を聞いてみた。

「嵐山の人にすれば、もっと人が戻ってきてほしい……という願いのプロモーションだったのですが、一部の人からは良く思わない声もありました。コロナなのに観光客を呼ぶのはどうなのかという意見や、『スイてます』と勝手に自虐風にしてほしくない……という声もありましたね。私としては自由にやればいいのでは、と思いますが。

 そのポスターで観光客が戻ったというわけではなかったのですが、ニュースになって反響も大きかったので製作者の希望通りの結果になったのではと思います。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)