バフェットも認めた“総合商社最強説”。アフターコロナこそ有利な理由

単に、割安だから購入しただけでなく、ビジネスでも連携していく考えです。

 今回のバークシャーによる日本の5大商社への投資は、「日本への投資」という側面が大きく、世界の投資家があらためて、日本株を見直すきっかけになるでしょう。

<文/馬渕磨理子>

―[あの企業の意外なミライ]―

【馬渕磨理子】
日本テクニカルアナリスト、(株)フィスコ企業リサーチレポーター。日本株の個別銘柄を各メディアで執筆。また、ベンチャー企業の(株)日本クラウドキャピタルでマーケティングを行う。Twitter@marikomabuchi

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)