世帯年収300万円以下は家を失う可能性あり。路上生活は他人事ではない

世帯年収300万円以下は家を失う可能性あり。路上生活は他人事ではない

相談に訪れる人の多くはアルバイトや派遣などの非正規雇用。不安定な雇用形態ゆえにコロナ不況のあおりを真っ先に受けた

人々の健康を脅かし、経済活動を停滞させた新型コロナウイルス。結果、人間的な生活を営むために必要な“家”や“食”の確保すら難しいという人が増えているという。去る8月15日、記者は都庁前で行われた「認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい」と「任意団体新宿ご飯プラス」による、住まいを失った人などに対する個別相談会と、食料品の配布会を訪れた。そこで目の当たりにした「家なき中年」の実情とは――。

◆コロナ禍で参加者が2.5倍増。家なき中年も集う相談会に密着

 当日の東京都の最高気温は38.7℃。強い日差しがコンクリートに照り返し、熱風がビルの隙間を吹き抜けるにもかかわらず、記者が到着した相談会が始まる1時間前には、すでに多くの人が集まり、長蛇の列をつくっていた。

「今日の参加者は164人。4月以降増え続け、前年同月比で参加者は2.5倍に増えています」

 そう話すのは、同相談会を主催する大西連氏だ。

「例年、8月は猛暑に耐えかねて路上生活者も公的支援を受けて生活を立て直したり、熱中症で倒れて入院する人が増えるため、食料品の配布に並ぶ人数は少なくなります。だけど今年は例外。相談会を開催するたびに、新しい顔ぶれを見かけるので、新たに住まいを追われている人が増えている印象です」

 相談会に訪れるのは、ネットカフェ難民や路上生活を余儀なくされた人たち。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)