SNSで話題。お坊さんに「死ぬのって怖いですか?」って聞いてみた

SNSで話題。お坊さんに「死ぬのって怖いですか?」って聞いてみた

写真はイメージです(以下同)

人間誰しもが抱える「死」への恐怖。しかし常日頃から人の死に関わっている宗教者であれば、その恐怖も感じないのだろうか?

 Twitter上では夏季老?さん(@Natsuki_CHTH)による以下のツイートが話題になった。

<先日お坊さんに質問できる機会を得たので「死ぬのって怖いですか?」と聞いたら「わかんないですねぇ。でも偉いお坊さんが脳波計つけてバンジージャンプしたら脳波が全然乱れなかったんですよだから死の恐怖は乗り越えられると思っています。」という予想外の回答をもらってとても満足しました>

 お坊さんであれば、本当に死の恐怖は乗り越えられるのか? その真相をお坊さんたちに直撃取材した。

◆お坊さんでも死ぬのは怖い!?

「そんなの、人それぞれですよ」と笑うのは、住職の東田さん(仮名・臨済宗・60代)。東田さんは僧侶だからと一括りにできるわけではないと語る。

「ほとんどのお坊さんは世俗の人と同じ生活をしていますからね。お坊さんだから普通の人と違うわけではありません。大病をしたり年を取ったりしたら心細くなるのは、みんな同じです。元気な時は『死ぬのは怖くない』と言えるでしょうが、実際に死に直面してみないと分かりません」

 東田さんは40代の頃に肺がんを発症。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)