家に帰りたくないサラリーマンの実態。コンビニ巡りで時間をつぶす日々

家に帰りたくないサラリーマンの実態。コンビニ巡りで時間をつぶす日々

家に自分の部屋がないY本さん

家に帰りたくないサラリーマンの心の声を聞く――。’18年、働き方改革で残業時間が減り、家に居場所がなく会社をよりどころにしていたサラリーマンの「フラリーマン」化も加速。そして’20年、コロナ禍の影響で「在宅」が求められるようになった今、フラリーマンたちはどうしているのか。「家に帰りたくない」500人への調査でわかった漂流会社員の新たな実態に迫る!

◆フラリーマンの時間をいずれはお金に換えたい

●Y本さん……9年前の結婚直後からフラつき癖があった。第1子が生まれて一時期収まるも、娘が成長し義母との同居が始まったことで再びフラつき始めた

 Y本さん(41歳・介護職)は、コロナ禍でのフラつく先として重宝している地元のコンビニの駐車場で缶コーヒーを片手に、自身の置かれている環境について話をしてくれた。

「私は9年前に結婚をしたのですが、自分の部屋がなくなってしまったことで家にいるのが苦痛になり、すぐにフラつくようになりました。4年前に妻が出産して、一旦は家にいるようになったのですが、コロナのタイミングで同居中の義母が認知症を発症して揉め事が一気に増えたんです。今は家にいることにデメリットしか感じないですね」

 しかし、コロナ禍ではろくにフラつく先もない。そんな中でY本さんが熱中している趣味が、コンビニ巡り。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)