コロナ感染で窮地!トランプ大統領、逆転勝利狙う最後の“秘策”とは?/町山智浩

コロナ感染で窮地!トランプ大統領、逆転勝利狙う最後の“秘策”とは?/町山智浩

コロナ感染で窮地!トランプ大統領、逆転勝利狙う最後の“秘策”とは?/町山智浩の画像

「今夜、妻と私は新型コロナウイルスの陽性と判定された。ただちに隔離と回復のためのプロセスを始める。ともに乗り越えよう」

 10月2日、トランプ大統領はコロナに感染したことをツイッターに投稿。高熱が出るなどの症状が見られたため、首都ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院に大統領専用ヘリコプターで移送された。その後、抗ウイルス薬「レムデシビル」を投与されたと報じられているが、11月3日に迫った大統領選挙への影響は必至の状況だ。

◆コロナ感染で窮地!トランプ大統領逆転勝利狙う最後の“秘策”とは?

 トランプ大統領の新型コロナに対する発言を振り返れば、「(ウイルスは)暖かくなれば奇跡のように消える」(2月)、「1分でやっつけてしまう消毒剤がある。体内に注射できないだろうか」(4月)と未知のウイルスを軽視し、米国市民と“ともに乗り越える”努力を怠ってきたと言わざるを得ない。

 実際に米国の新型コロナによる死者数は20万人を超え、世界全体の20%を占め、もっとも多い。

 9月29日、大統領選の目玉である1度目のテレビ討論会が開催され、民主党の大統領候補・バイデン前副大統領は「マスクをつけていたら10万人の命が救われた」などと現政権のコロナ対策を厳しく批判するも、大統領は「君の意見を聞いたら、何百万人も死んでいただろう」と逆ギレ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)