高血圧を下げる生活習慣。朝食から寝る姿勢までコツがある

高血圧を下げる生活習慣。朝食から寝る姿勢までコツがある

高血圧を下げる生活習慣。朝食から寝る姿勢までコツがあるの画像

アラフォー以上になると、「健康診断したら、血圧が高くてさ〜」というのが、飲み屋で定番の話題になったりする。
 高血圧とは、診察室で測った場合は140/90mmHg以上、家庭で測った場合は135/85mmHg以上(高血圧治療ガイドライン2019)。

 日本人で高血圧の人は、約4000万人もいると推定されている(厚生労働省「e-ヘルスネット」)。

◆高血圧と、コロナ重症化のリスク

 また、高血圧性疾患で治療を受けている人は推計993万7000人もいるというのだ(平成29年「患者調査」厚生労働省)。

 最近気がかりなのは、高血圧がコロナ重症化の一因子となると言われていること。日本のコロナ患者2600例のうち、重症者で比率が高い基礎疾患として、糖尿病や肺疾患などと並んで高血圧も見られたのだ(国立国際医療研究センター、COVID-19に関するレジストリ研究中間報告、8月)。

 万病のもととなる高血圧は、改善しておきたいものだ。では、高血圧を予防・改善するには何をすればよいのか?

 そこで、「ミスター血圧」と呼ばれる、渡辺尚彦医師(聖光ヶ丘病院顧問)に聞いてみた。
 渡辺医師は、なんと30年以上前から携帯型の血圧計を24時間装着して、自分の血圧を常に測り続けてきた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)