「濃厚すぎる辛味噌ラーメン」の衝撃。真っ赤なスープを“食べる”のだ/大塚屋(市ヶ谷)

「濃厚すぎる辛味噌ラーメン」の衝撃。真っ赤なスープを“食べる”のだ/大塚屋(市ヶ谷)

「辛味噌ラーメン」(750円)

―[麺すすり子のラーメン巡礼]―

 こんにちは。ほぼ毎日ラーメンを食べる会社員、麺すすり子です。

◆ともかく赤くて濃厚な「辛味噌ラーメン」

 肌寒くなってきましたね。そんなとき欲しくなるのは「濃厚なヤツ」ではないでしょうか。濃厚ラーメンの温かみにつつまれたい…。というわけで、みなさんに一度はすすってほしい、すすり子のラブなタイプの「濃厚」をご紹介します。

 それが東京都市ヶ谷にある『大塚屋』さんの「辛味噌ラーメン」(750円)。

「赤い!!! こんな赤いのイケんのか!?」と方向転換しようと思った方、お戻りください。ピリ辛でも泣いちゃう…という方、ごめんなさい。この赤さでまさかのピリ辛です。

◆スープを「飲む」ではなく、食べる

 このラーメン、「麺少なめ」にすると、味玉が半分サービス。麺少なめって、最後に後悔しちゃわないかな…とソワソワしちゃいますが、普段ラーメン一杯でそれなりに満足できるタイプの方であれば、麺少なめでも問題なしです。

 というのは、太麺だからというのもありますが、スープが大きな要因です。

 このスープ、液体というのがはばかられます。写真だと伝わりづらいのが悔しい。これが平面で出せるドロっと感の全力です。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)