イヤミのない街・五反田。7年間住み続ける理由をさらば青春の光・森田に聞いた

イヤミのない街・五反田。7年間住み続ける理由をさらば青春の光・森田に聞いた

さらば青春の光・森田哲矢

コロナ禍で自宅の滞在時間が増え、広さや家賃をはじめとした住環境への課題が見えてきた昨今。「住みたい街ランキング」もコロナで価値観が激変している。趣味や癒やしも充実させられる、自分にとっての“住みたい街”はどこか? 今回は、お笑いコンビ「さらば青春の光」の森田哲矢が7年間住み続ける街「五反田」の魅力を語る。

◆嫌みのない街・五反田に住もう

 JRをはじめ3線利用できて交通の便はいいものの、住みたい街としてはあまり議題に挙がらない街、五反田。五反田商店街のPR大使を務める芸人、さらば青春の光・森田哲矢に魅力を聞いた。

「僕は上京してから7年間ずっと五反田に住んでいます。引っ越しは3回していますが、すべて五反田。スタッフさんとかに『どこに住んでるの?』と聞かれた時、恵比寿や中目黒に比べて嫌みがないですよね。

 でも、大崎方面に歩くと公園があり、休日は幸せに満ち溢れた家族や小型犬の散歩をしている方ばかりだし、実は富裕層が多い。島津山や池田山、御殿山といった高級住宅街もあるんですよ」

 夜の街のイメージも強いが、コロナの影響はどう受けているのか。

「実はコロナ禍でもつぶれている飲食店は少なくて、それは“本当においしい”からだなと。最近ホルモン屋のお母さんに『大変なんじゃない?』って聞いたら『別に』って沢尻エリカみたいなこと言ってましたね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)