ドラフトから1年の佐々木朗希、まだ実戦のマウンドに上がっていない現在の思いを語る

ドラフトから1年の佐々木朗希、まだ実戦のマウンドに上がっていない現在の思いを語る

ドラフトから1年の佐々木朗希、まだ実戦のマウンドに上がっていない現在の思いを語るの画像

―[17の閃光〜佐々木朗希物語〜]―

◆「いつ実戦で投げるのか」という周囲の目にも、心を乱さず

 運命のドラフト会議から1年が経とうとしている。あの時のドラフトで注目のど真ん中にいた佐々木朗希投手は将来を見据え、身体強化に重きを置き、実戦のマウンドには、まだ上がっていない。

 令和の怪物の異名を持つ若者は投げたい気持ちを抑え込む。そんな状況下でも注目のルーキーの一挙手一投足をメディアは追う。走っている姿の写真が紹介され、キャッチボールをしていることがニュースで報じられると複雑な気持ちになるのも当然だろう。

 ピッチャーはマウンドで投げて存在感を見せるもの。走っていることやキャッチボールをしたことが報じられるのは本意ではない。ただ、そんな周囲の目にも心を乱すことは決してない。雑音をシャットアウトして黙々と汗を流す日々が続いている。

◆「後退も成長に向けた大切なステップ」というイチローさんの言葉

 地道なトレーニングの中で心に残った言葉がある。日米で大活躍したイチローさんの動画を見ている時、一つのメッセージが耳に入った。イチローさんがトヨタ自動車新入社員に送ったメッセージ動画だ。

 現役時代にさらなる進化を求めて毎年のように打撃フォームを変え、常に挑戦してきた自身の経験を踏まえてイチローさんは若者に語っていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)