東京五輪“有観客開催”の試金石!チケット完売の全日本体操選手権観戦記

東京五輪“有観客開催”の試金石!チケット完売の全日本体操選手権観戦記

「全日本」はできた、次は「世界」です!

―[今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪]―

〜第78回〜

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

 東京五輪開幕まで300日を切った昨今、もはや穴場競技どころか大会自体があるのかないのかというのが関心事ではあるものの、少しずつ日本や世界各地でスポーツ大会が再開されつつあります。プロ野球や大相撲、Jリーグ・Bリーグなどではすでに有観客試合が行なわれていますし、いち早く有観客での開催を進めていた公営競技でも中央競馬での有観客開催が再開されました。

 しかし、そうした動きは観衆を集めることを「生業」とし、経済をまわすことにおいても意義があるプロスポーツだからこそのもの。観客の有無が生活に直結しない多くのアマチュア競技においては、無観客での開催あるいは大会自体の延期・中止といった判断が引きつづきなされています。

◆有観客の全日本大会に体操ファンが熱視線

 そんななか、アマチュア競技でありながら、コロナ禍における「先例」を作ろうと取り組んでいる競技が体操です。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)